MARUKO

インストラクター

maruko01.jpg

My Story

1971年 2月10日生

骨盤ネジ締めDVDを子守唄に育った子供達  4人

 

私が骨盤ネジ締めを始めたキッカケは4人目を産んで1年くらいした頃、右股関節が痛くて開かなくなった事です。
その他にも、腰痛、膝痛、生理痛に不順、便秘、あげたらキリがない色んな不調に悩まされ、骨盤が歪んじゃったんだな〜と思い、骨盤で検索したらYUKA先生の「5人産んでもスーパーボディ」のブログに出会えました。
そこから私の人生は大きく変わりました。

最初はダイエットと言う感覚はなく運動のひとつとして身体のために膣を締める事から始めました。

いくつになっても何人産んでも大丈夫。
お金が無くても、踊れなくても畳一枚分あれば骨盤ネジ締めはできます。
自分の身体ひとつ。
膣を締めることから始まります。
YUKA先生のブログから発信される言葉は本当でした。

気付けば色んな不調が治って、湯漏れも治って体型も変わっていました。
とても嬉しかった♡


それからYUKA先生の元を離れた10年

骨盤ネジ締めの凄さを1度体感している私。
大丈夫!サボっても、やんなくても、やればまた痩せるし格好よくなれるって思っていました。
だけどそれは甘かった。

あの時の私と今とでは全然違う。
基礎代謝はどんどん落ち、脂肪やら老廃物やら、いらない物を沢山溜め込み色んなものをつまらせた身体になっていました。
あの時の何倍も何倍もがんばらなきゃダメだった。

そしていつしか自己流になっていた骨盤ネジ締め。
ただの動作の真似になり
何もやらないよりはいいけど思ったように変わっていかない身体。
毎日DVDを1本がんばってる。
なんなら朝晩2回やる日だってある。
カレンダーにエクサしたマークを、つけてもつけてもつけても
回数は増えるだけで、これ以上変わってこない身体。
「それで毎日エクサやってるの!?」と笑われる始末。
くそー!!なんでだ!なんでだ!なんでだ!何が違うんだ!
こんなにがんばってるのに
膣も締めてるのに
逞しくはなるけど、なりたいYUKABODYになれないんだー(T^T)
悔し涙を流しながら笑われてもバカにされても、それでも私はやめなかった!

変わりたかったから。

YUKA先生が大好きだったから。
DVDの中のYUKA先生にでも会いたかったから。
YUKA先生を信じて。
自分を信じて。

諦めないで良かった。


そして周りの皆さんのお陰で、YUKA先生に再会する事ができ、対面レッスンに通わせて頂けるようになって2年3ヶ月。

身体の使い方がわかってきた。
日常生活に活かせるようになってきた。

膣を締め中身空洞を埋め
伸ばす、粗削るが、とても気持ちよく楽しく出来るようになってきた。

10001回目にわかるかもしれないから無駄な引き締めなんて1回もないんですよね。

がんばってるのに変わらないのは、努力があと少しあと少し足りないだけ。
膣を締めるのは、ちゅんちゅんじゃダメなんですよね。

YUKA先生からもらったたくさんの言葉を、教えて頂いた全てを、受け取った全部を、ひと粒残らず、皆様にお伝えして生きたいと思います。

そして私の原点のオフ会のように、基本の基を大切にしたレッスンを真剣に楽しくやっていきたいです。

私もまだまだ進化の途中。
皆様と一緒に
「なりたい自分」になれたらいいなと思っています。

全ては自分。

全部自分が決めること。

やるかやらないか

それだけです(*^^*)


Tシャツ1枚で輝きを放つ身体に・・・

YUKA先生からの大好きな言葉のひとつです♡

Before & After

maruko03.jpg